苦手意識と決別へ 田中希実、クイーンズで実業団駅伝デビュー

苦手意識と決別へ 田中希実、クイーンズで実業団駅伝デビュー 「クイーンズ駅伝in宮城 第42回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」は27日、宮城県を舞台に6区間42・195キロで争われ、7月の世界選手権で3種目出場した豊田自動織機の新人、田中希実(23)は1区で登場した。 スタート直後に資生堂の木村友香が飛び出し、それを追う展開に。ハイペースを維持する木村を抜き去ることはできなかったが、冷静にラップを刻んで2位でタスキをつなぎ、上々の実業団駅伝デビューを果たした。 「足元がぐちゃぐちゃの状態。結果を見すぎた(求めすぎた)」 レース前日の記者会見。言葉を重ねれば重ねるほど、目に涙がたまった。仲間の思いをつないでいくクイーンズ駅伝は、走る喜びを再び見いだすための戦いになった。 宮城、特に仙台は全日本大学女子駅伝のコースとして定着しているが、大学時代はクラブチームで活動したため、「走った記憶がほとんどない」場所だ。単独チームの一員としてたすきをつなぐのは、兵庫・西脇工時代に3年連続で出場した全国高校駅伝以来。「自分の走りがチーム全体に影響を与えてしまう」と駅伝に苦手意識を抱いていた自分との決別が、今回のテーマでもあった。 2、4区の距離は3キロ台だが、それ以外の区間は6キロ以上のクイーンズ駅伝。5000メートルまでを主戦場にするが、勝負に打って出たのは自身の成長を実感しているからだ。東京オリンピックの女子1500メートルでは日本選手で初めて入賞(8位)したが、中距離のエースの地位にあぐらをかかず、今春は3週間で400メートル~1万メートルのレースに相次いで参加。さらに、世界選手権では専門外の800メートルを含めた3種目に出場した。 「今までの駅伝だと準備を頑張りすぎて当日までに心身が疲労して、あっさり離されてしまうことがあった。今なら、トラックでいろんな種目に取り組んだ粘り強さを生かせるかなと思う」 駅伝では、思うような走りができない――。実業団日本一決定戦は、そんな暗示を解くのに格好の場所だった。【岩壁峻】 全日本女子実業団駅伝選手権大会

ワールドカップ アルゼンチンがメキシコに勝ち今大会初勝利

アルゼンチン対メキシコ

ワールドカップ アルゼンチンがメキシコに勝ち今大会初勝利 サッカーワールドカップカタール大会、1次リーグのグループC、アルゼンチン対メキシコは優勝候補の一角、アルゼンチンが2対0で勝ち今大会初勝利をあげました。 世界ランキング3位の南米の強豪、アルゼンチンは1次リーグの初戦でサウジアラビアに敗れ、26日の第2戦はドーハ近くにあるルサイルスタジアムで8大会連続の決勝トーナメント進出を目指す世界13位のメキシコと対戦しました。 注目は今大会「最後のワールドカップ」と位置づけて臨むエースのリオネル・メッシ選手。 負ければ敗退が決まる一戦でアルゼンチンは前半、メッシ選手がフリーキックから直接ゴールをねらうなど積極的に攻めましたが、メキシコの守りを崩しきれず0対0で折り返しました。 それでも後半19分、ゴール前でパスを受けたメッシ選手がペナルティエリアの外から左足で強烈なシュートを決めて先制し、均衡を破りました。 エースのゴールで勢いに乗ったアルゼンチンは、終了間際に、途中出場のエンソ・フェルナンデス選手が追加点をあげて突き放し、2対0で今大会初勝利をあげて1勝1敗としました。 一方のメキシコは、守りを固めてカウンターで得点をねらったものの先制されてからは防戦一方の展開となり1敗1引き分けとなりました。 また、メッシ選手はこれでワールドカップ通算21試合の出場、通算得点も「8」に伸ばし、ともにアルゼンチンの往年の名選手、ディエゴ・マラドーナさんに並びました。 メッシ「チームにとってワールドカップの新たなスタート」 2試合連続となる先制ゴールを決めてチームの初勝利を呼び込んだアルゼンチンのエース、リオネル・メッシ選手は「とても難しい試合だったが、後半は落ち着いてボールを動かし、先制点をあげてからはいつもどおりのわれわれに戻った。この試合はとにかく結果が必要でどうしても勝たなければならなかった。きょうがチームにとってワールドカップの新たなスタートになったと思う」と試合を振り返っていました。

ジャパンカップ2022

ジャパンカップ2022

ジャパンカップ2022 [GⅠジャパンカップ=2022年11月27日(日曜)3歳上、東京競馬場、芝2400メートル] サッカーワールドカップは1930年創設で今年が22回目。ジャパンカップは1981年創設で42回目。ともに歴史のあるビッグイベントで、ジャパンカップは少し前までは「競馬のワールドカップ」とも呼ばれていた。一方で前者は通常5~7月開催で後者は11月施行と約半年の間隔があり、両者がリンクして語られることはなかった。 しかし、今年は初の中東・カタール開催ということで気温の低い時季に開幕がスライド(11月20日~12月18日)し、史上初めてワールドカップ進行中にジャパンカップのゲートが開くことになった。 ワールドカップ開催年のジャパンカップは計10回。このうち近5回(2002、06、10、14、18年)を分析してみる。 ワールドカップ優勝国、ジャパンカップ優勝馬の調教国、優勝騎手の出身国を並べてみる。 【W杯優勝国】 ブラジル→イタリア→スペイン→ドイツ→フランス 【JC優勝馬の調教国】 イタリア→日本→日本→日本→日本 【JC優勝騎手の出身国】 イタリア→日本→日本→ベルギー→フランス 地元日本の6ポイントはある意味当然の結果。ここでは3ポイントを獲得したイタリアに注目するべきだろう。 競馬は財政難から凋落が止まらず現在はパートⅡ国。トップリーグのセリエAを抱えるサッカーもワールドカップ出場を2大会連続で逃しているように近年元気がないが、2位に入った前記のデータは逆にイタリアがスポーツ大国であることを思い出させてくれる。 今年のジャパンカップのカギを握るのは、トリコローレの国。今年のワールドカップ同様に出走メンバー欄にイタリア調教馬の名前はないが、イタリア出身騎手が2人いる。ミルコ&クリスチャンのデムーロ兄弟だ。クリスチャン騎乗が15番のシャフリヤール、ミルコ騎乗が17番ユーバーレーベン。いずれも日本馬とのタッグという点も見逃せない。馬券はこの2頭で決まりだ。

301回 日体大記録会 2022年11月26~27日 結果・速報(リザルト)

[ad_1] 2022.11.262022.11.08 第301回 日本体育大学長距離競技会(2022年11月26日~27日)出場選手一覧はこちら 第301回 日本体育大学長距離競技会 (日体大記録会) が 2022年11月26日 (土) ~ 27日 (日) の2日間、日本体育大学横浜健志台キャンパス陸上競技場で開催されます。ここでは、第301回 日本体育大学長距離競技会の結果・速報(リザルト)を掲載していきます。   参考 【目次】 第301回 日体大記録会 01組 02組 03組 04組 05組 01組 02組 03組 04組 05組 06組 07組 08組 09組 10組 11組 12組 13組 14組 15組 16組 17組 18組 19組 20組 21組 22組 23組 24組 25組 26組 01組 02組 03組 04組 05組 … Read more

北信越中学駅伝 2022 結果・速報(リザルト)

[ad_1] 2022 北信越中学校駅伝(2022年11月26日) 2022 北信越中学校駅伝が 2022年11月26日 (土)、長野市営陸上競技場周回コースで開催されます。ここでは、北信越中学校駅伝 2022 の結果速報・区間記録(リザルト)を掲載していきます。 参考 【目次】 2022 北信越中学駅伝 男子 チーム結果 1区(3.00km) 2区(2.96km) 3区(2.96km) 4区(2.96km) 5区(2.96km) 6区(2.96km) 女子 チーム結果 1区(3.00km) 2区(1.88km) 3区(1.88km) 4区(1.88km) 5区(2.96km)   別の記事へリンク    全中駅伝 結果リンク    2022 北信越中学校駅伝 結果は競技後に掲載します。北信越中学校駅伝は、2022年11月26日 (土) に開催。男子は13:00に、女子は11:00にスタートです。             2021 北信越中学校駅伝 第15回 北信越中学校駅伝(2021年11月27日) img via: 全国中学校駅伝 ホームページ 第15回 北信越中学校駅伝が 2021年11月27日 (土)、長野県松本平広域公園陸上競技場発着の松本平広域公園内周回コースで開催されます。ここでは、北信越高校駅伝 2021 … Read more